提案
    直接進む
      Working@Continental

      コンチネンタルの社風

      コンチネンタルでは、59ヵ国に23万人以上(2019年末現在)の社員が勤務しており、自動運転、電動化、コネクティビティといった自動車産業のメガトレンドすべての発展に取り組み、次世代モビリティ社会の実現に取り組んでいます。

      オープンな社風とフラットな組織体制

      コンチネンタルは、公平性かつ透明性をもち企業の成功に達成し続ける人財を求めています。また、ビジネス上での成功に必要なビジョンや革新性を生み出すために、個々の年齢、性別、国籍、人種などにとらわれず、公平な視点と共にパフォーマンスを評価し、将来性がある人財に対するトレーニングの機会提供は惜しみません。

       グローバルな職場環境における、フレキシブルなワークスタイル

      社員一人ひとりがワークライフバランスを実現できるために、各国の労働関連の法規を考慮しながら、モバイルワーク、リモートワーク、時短勤務、フレックス制、長期休暇など、様々な福利厚生制度を提供しています。コンチネンタルは、勤務地や職位にかかわらず柔軟に仕事をして最高のパフォーマンスを発揮できる環境や制度をグローバルレベルで提供してこそ、本当のグローバル企業であると考えます。