Visualisierung der Wertschöpfung bei Continental durch das Symbolbild eines Baumes.
© Continental AG

The Future in Motion

未来の成功のための当社の価値創造

コンチネンタルとしてどう考え、どう行動するか?何をするか、何を達成したいか?当社の価値創造ツリーは、これらの質問に対する答えを提供するものであり、当社の価値創造に関する方針を表すものです。

当社の価値創造ツリーは、絶えず変化する時代において非常に重要な指針です。成長を続ける「木」であり、持続可能な価値創造に関する方針を象徴するものです。コンチネンタルにおいてどう考え、どう行動するか、何をするか、何を達成したいかを一目で理解できる形で示すものです。根っこから木のてっぺんまで、価値がいかに価値を創造するかを表すものです。

根っこ:当社の4つの価値

世界中のコンチネンタル社員をまとめているもの、それが当社の「根っこ」です。「根っこ」は社員が行動を起こす原動力となります。当社の「根っこ」とは当社の4つの企業価値、すなわち、「信頼」、「勝利への情熱」、「自律・自立」、「支え合い」です。

そしてこの4つの企業価値を当社の利益を生む成長の基盤として後押しするのが、4つの主な取り組み、すなわち、「クオリティファースト」、「CBS(コンチネンタル・ビジネス・システム)」、「バランス・オブ・コーポレーション」、「カルチャーディベロップメント」です。これらの取り組みは、体系的かつ持続的な方法で当社の成長を推進し、形作ることを可能にします。

コンチネンタル社内での職位や所属部署、そして支援しているブランドを問わず、私たち社員全員が最高の価値の創造を目指すコンチネンタルのバリューアライアンス(価値創造のための協力体制)を構成しているのです。 

幹:当社の価値創造経路

「幹」は当社の3つの価値創造経路、すなわち、「イノベーション」、「生産性」、「利益を生む成長」で構成されています。これらの経路は「根っこ」から「てっぺん」をつなぐものです。

「イノベーション」は、最善のアイデアを需要のある製品、システム、機能、ソリューションに変え、結果的に新たな技術の可能性を切り拓く企業としての当社の評判を築きます。これは新たなビジネスモデルの構築につながります。

「生産性」は、効率的かつ効果的に当社のイノベーションを導入する際に役立ちます。当社は最善の結果を生み出すために妥当な労力を払い、その過程でお客様に良い印象を与えます。

利益を生む成長を保証するため、絶えず変化する要件とお客様のご要望に速やかかつ柔軟に対応します。  

てっぺん:当社の7つの戦略的側面と

健康な木がたくましく大きな枝を伸ばし、新たな枝を絶えず作りだすように、当社もまた、成功と価値創造から大きく成長します。当社には、この価値創造に向け明確に練られた計画があります。当社の発展に欠かせないもの、それは7つの戦略的側面です。