MOTIV_EICMA
© Continental AG

コンチネンタル、スクーターや小型モーターサイクル向けの 厳しい排出ガス・安全要件に対応

  • 乗用車から2輪車向けに継続的に技術移転
  • エンジンマネジメントと排出ガス規制に高効率で対応

  • レーダーレーダーセンサーが車線変更時の死角確認の必要性を削減、反応時間を短縮

  • 1チャンネルABSシステムMiniMABが安全性をより強化

 

テクノロジーカンパニーであるコンチネンタルは、世界各地で政治、産業、貿易、環境の諸団体および消費者から求められるモビリティ、特に小型エンジンを搭載した二輪および三輪車両への需要の増加に応えています。アジアでは、原動機付き二輪車は娯楽のためのものではなく、大多数の人々にとっては必要不可欠な移動手段です。特に、巨大市場であるインドや中国では、多くの車両カテゴリで排気ガス規制や安全規制が強化されており、中でも排気量が150cc を下回る単気筒エンジン搭載車両に対してはカスタマイズ可能で、フレキシブルで固有のソリューションが求められています。コンチネンタルのモーターサイクル専門家は、環境負荷の低いエンジンや排気ガスマネジメント向けへの技術ソリューションと、二輪車ライダーの安全を確保する高機能支援システムの提供に重点を置いています。たとえばインドでは、交通事故全体の95.5%で原動機付き車両が関係しています。2015年の統計では、全車両カテゴリの中で二輪車の事故がもっとも多く、交通事故全体の28.8%を占めました。世界保健機関(WHO)によると、インドでは人口10万人当たりの二輪車事故による死者は5.6人、中国ではこの数字がやや下がり、10万人当たり5.1人です。一方、ドイツでは、10万人当たり0.8人にすぎません。コンチネンタルのARASTM は、複雑な運転状況下でもライダーが交通状況を認識できるようサポートし、安全性が向上します。システム全体で採用されているモジュールデザインで、日常使用に限らず商用でも、小型エンジンを搭載する小型車両にカスタマイズされたソリューションを提供することが可能で、さまざまな市場、そして世界各国の貿易条例、法規制に対応します。 

モジュール式エンジンマネジメント: 多種多様な要件に対応する高効率テクノロジー

Deka 10インジェクタ・標準チップ © Continental AG

コンチネンタルのモーターサイクル向け燃料供給ユニット © Continental AG

法規制の強化に伴い、ガソリン噴射技術は近い将来、アジアのモーターサイクル市場で標準的な技術となるでしょう。この動きに拍車をかけているのが、2020年4月に導入が予定されているインドの排出基準「Bharat Emissions standard VI」と、2018年7月に導入予定の中国の排出基準「Emissions standard IV」です。これらは新車登録されるすべてのモーターサイクルに適用されます。フレキシブルなシステムを使用してエンジンマネジメントを行い、メーカーの要件や各国の規制に基づき燃料供給を制御することで、システムの効率性を維持します。「私たちは、シンプルかつ効果的で、実用的なソリューションを幅広く提供します。」このように説明するのは、コンチネンタルで2輪車&パワースポーツ事業部でインジェクションシステムのマネジャーを努めるトーステン・ベロン(Torsten Bellon)です。燃料ポンプやインジェクタなど個々のコンポーネントを各地域の排出要件に適応し、異なる技術が採用されている場合でも効果的なエンジンマネジメントを提供します。

モジュラーデザインを採用し、多様な技術要件、法的要件に対応します © Continental AG

150ccまでの単気筒エンジンに対しては特別な燃料供給ユニットを提供し、その最新世代の燃料インジェクタにはさらに二輪車エンジン用の特別なスペース最適化インジェクタオプション(Deka 10インジェクタ)が含まれます。

触媒: 高効率を達成するテクノロジーと低セル密度

排気浄化の分野でも重要なのは、今までにない独創的なやり方でテクノロジーを活用し、効率を最大限に高めそれぞれに異なる市場と消費者の要求を満足させることです。経済的観点も含め、効率性を左右する重要な鍵となるのが、触媒の位置とセル密度、メタル担体の箔構造の使用です。2輪車&パワースポーツ事業部の触媒ビジネスマネジャーのスヴェン・セイファート(Sven Seifert)は次のように説明します。「触媒の設置位置がエンジンに近ければ近いほど、効果は高くなります。また、排気ガスの後処理にかかるシステムコストも同時に削減されます。」 

「内部値を微調整」ばらつきを抑えます © Continenal AG


排気浄化システムとエンジンマネジメントシステムのいずれもモジュール式を採用しており、さまざまな技術要件や法律要件に幅広く対応しています。触媒は「内部値の微調整」によってばらつきが抑えられ、熱質量の低減により背圧が下がり効率が良くなります。これにより、体積と重量を最小化する設計が可能になります。触媒は、箔構造や低セル密度、設置場所に応じて変更可能な設計によって、スクーターから小型オートバイまで多岐にわたり利用できる非常に複雑で多様なコンポーネントとなります。

先進運転者支援システム: 大型車向けに開発、小型車にも活用 

大型車向け先進運転者支援システムからの技術移転で、小型原動機付自転車向けにARASTM先進ライダー支援システムを開発しました。死角検知システムが、死角をモニタリングする機能はコミュータークラス向け車両の新機能です。乗用車、モーターサイクル向けのシステムがこれらの実用的な車両にも採用され、最良のサポートを提供し、高密度交通や、毎日の通勤状況で確実に機能を発揮します。

本システムは死角となるエリアをモニタリングし、車線変更の際などにライダーに危険な状況を知らせます © Continental AG

死角検出: 安心して車線変更

死角検出では、後方をモニタリングする短距離レーダーを使用し、後方およびサイドの交通状況を評価して車線変更の際、ライダーに危険な状況を知らせます。多彩な視覚化オプションが用意され、死角内に車両が入るとライダーに警告が出されます。たとえば、わかりやすく構成されたLEDインターフェースをサイドミラーに搭載して、周辺の交通状況に関する情報を、まさにライダーが必要とするタイミングで視覚信号を使用して提供できます。この高感度システムは交通の動きを瞬時に検出するため、相対速度が速く自発的な車線変更が行われることの多い、通勤時の交通において安全性を高めます。「安価なバージョンであっても、ADASシステムがこれらの難しい日常的な要求に応えてくれるのです」、2輪車&パワースポーツ事業部のARASTM プロジェクトマネジャー、クリスチャン・ファイファー(Christian Pfeiffer)が安全性を強調します。

安全にブレーキ: 1チャンネルABS - MiniMAB

加速の仕方は知っていても、適切なブレーキのかけ方を知っている人は多くありません。 緊急時のブレーキでは1メートルが大きな差を生みます。制動距離を短くするための最善策はブレーキ圧を高くすることですが、この場合、車輪がある時点でロックする可能性があります。1チャンネルABSシステムMiniMABは、前輪ロックを抑え転倒を防ぎ、安全性を提供します。MiniMABは、前輪のみにディスクブレーキをもつスクーターや比較的排気量の小さなモーターサイクルを特に意識し、アジアといったコスト重視の市場向けに開発されました。小型かつ軽量設計により(285 cm2, 420 グラム)、さまざまな車両タイプに搭載可能で、車輪速センサーを1つしか必要としないため、開発工数も最小限に抑えられます。最小の排気量のエンジンでも機能するため、非常に有益で将来を見据えた技術供与です。「ABSシステムが二輪車運転の安全性を格段に高め、無事故運転を目指す私たちの目標『ビジョンゼロ』に一歩近づきます。」このように語るのは2輪車&パワースポーツ事業部でモーターサイクルABS開発マネジャーを努めるローサー・キーンレ(Lothar Kienle)です。

1チャンネルABS MiniMABは前輪ロックを抑え転倒を防ぎ、安全性の向上に大きく貢献します © Continental AG

コンチネンタルは長きにわたり、モーターサイクル向けのアンチロック・ブレーキ・システム(ABS)を開発、生産してきました。モーターサイクル事故全体のおよそ21%は、ABSシステムがあれば防止できたとドイツ自動車連盟ADACの調査が示しています。エンジニアの豊富な経験から、あらゆる車両クラスに対応したソリューションを二輪車メーカーに提供することが可能です。スクーターや小型モーターサイクル向けの1チャンネルABSから、スポーツABSやオフロードABS、カーブ走行時のブレーキ力最適化、モーターサイクル・ホールド&ゴーなどの拡張機能も追加できる、モーターサイクル・インテグラル・ブレーキシステムまでを取り揃えています。2017年現在、EUでは排気量が125ccを超えるすべてのモーターサイクルに、ABSシステムの搭載が義務付けられています。日本、インド、台湾でも、同様にABSシステムの搭載を求める規制がすでに成立しています。


本プレスリリースは、現地時間2018年7月5日に、ドイツ・レーゲンスブルグで発表した内容の参考訳です。万が一、英文本文と意味合いが異なる部分は英文が優先されます。

お問い合わせ

Sebastian Fillenberg

Dr. Sebastian Holzwarth Spokesperson 2-Wheeler & Powersports 電話: +49 941 790-92233 電子メール: