Artificial Driver

人口知能の倫理指針

  • コンチネンタルは人工知能の使用に関する倫理指針を制定
  • 自己学習による決定は透明性があり、理解しうるものでなくてはならない
  • コンチネンタル・オートモーティブの最高技術責任者ディルク・アベンドルス「人口知能は明白な倫理指針に基づき使用されるべき」

人口知能(AI) は、モビリティにおいてその重要度が増しています。そのような理由から、テクノロジーカンパニーが業界における先駆者として、コンチネンタルは自己学習システムにおける倫理指針を定めました。コンチネンタル・オートモーティブの最高技術責任者、ディルク・アベンドロス(Dirk Abendroth)は、次のように述べます。「人工知能をプログラミングし、明確な倫理指針に従って使用する必要があります。スマートアルゴリズムは、自動運転など、自動車業界で大きな役割を果たします。 テクノロジーカンパニーとして、製品開発と内部プロセスのすべてが倫理基準に準拠していることを確認する責任があります。AIベースの意思決定は常に無差別でなければならない理由なのです。」 倫理指針は、EUにおけるAI関連の倫理ガイドラインなどの国際規制に対応しています。コンチネンタルの世界全拠点に適用され、全コラボレーションパートナーのガイドとして機能します。

人口知能の開発とその使用において、コンチネンタルの倫理規定の中心にあるのは平等性です

新しい規制の枠組みの焦点は、コンピューターベースの決定の透明性とデータセキュリティにあります。主な作業手順がコンピューターに引き継がれる場合、受け入れの基本的な前提条件は、人々がそのような自己学習システムがどのように機能するかを理解し続けることです。データはどこから取得されるのか? どの処理ステップがどんなアクションにつながるのか? データはどのように保存されるのか? 社内においては、たとえば人事管理において、人工知能の使用を含む作業プロセスが、平等性などコンチネンタルにおける他のルールに準拠しているのか?  このような質問、つまり基準が未来のモビリティを形成する上で不可欠です。 日常的な機能はAIなしでは考えることが難しくなりました。スマートフォンの音声アシスタント、医療セクターにおける診断方法、ナビゲーションアプリケーションなどがそれらの例です。コンチネンタルは、幅広い製品で人工知能に依存しています。これらには、物体認識、ターン・アシスト・システム、人と車両間のコミュニケーション手段としてのジェスチャー認識といったカメラベースの運転支援システムを含みます。AI機能を備えたこのようなシステムは、大量のデータをほぼリアルタイムで処理し、少しの情報で、より良い結果を提供することが可能になります。

こちらは現地時間2020年6月8日にドイツ・ハノーバー・/フランクフルトで発行されたプレスリリースの抄訳です。英文の原文との間で解釈に相違が生じた際には原文が優先します。原文リリースはこちら

お問い合わせ

Ilona Tzudnowski

Ilona Tzudnowski External Communications CTO Organization 電話: +49 69-7603-2093 電子メール:

Enno Pigge

Enno Pigge Spokesman, Innovation & Technology 電話: +49 511 938-1622 電子メール: Twitter: