提案
    直接進む

      Emina.K

      J.DRIVEメンバー (2020年入社)

      (現在油圧制御ブレーキシステム事業部のソフトウェアチーム所属)

       

      Q. コンチネンタル・ジャパンへ入社を決めた理由を教えてください。 

      私が、コンチネンタル・ジャパンへ入社を決めた理由は大きく3つあります。

      1つ目はドイツ企業で英語が使える環境にあると思ったこと。(外資系) 

      2つ目は、車に使われている技術をより深く知りたいと思ったこと。(自動車サプライヤー) 

      3つ目として、新卒のJ.DRIVEプログラムの内容に強く惹かれたことです。(コンチネンタル) 

      コンチネンタルでは、配属前に3つの部署を仮配属として体験することができます。就職活動の際に、「なんとなく自動運転には憧れるけど、どんな仕事内容があり、何が自分にあっているのか…?」という疑問があったので、そんな自分にはピッタリだと思いました。

      Q. 現在の仕事内容を教えてください。

      現在は、J.DRIVEプログラムの1つ目の仮配属先として、油圧制御ブレーキシステム事業部のソフトウェアチームに所属しています。そこでは、Electric Parking Brake(電動パーキングブレーキ)のアプリケーション開発を行っています。製品の開発が完了するまでに、お客様であるカーメーカーの要求をコンチネンタルが満たせるように、細かいところまでカスタマーや、ドイツのチームと調整をしていくところの難しさを感じています。

      https://www.continental-automotive.com/ja-JP/Passenger-Cars/Safety/Products/Brakes/Hydraulic-Brakes

      https://www.continental-automotive.com/ja-JP/Passenger-Cars/Safety/Products/Brakes/Electric-Parking-Brakes

       

       


      Q. 業務上での達成感や自己成長を感じたエピソードを教えてください。

      私が最も達成感を感じたのは、J.DRIVEプログラムの1つであるJetbotを使ったグループワークです。このトレーニングでは、6人のメンバーで複数のJetbotと呼ばれるロボットを使い、バレーパーキングの開発を疑似体験しました。Jetbotを操作するために、Pythonを使ってコーディングしたのですが、私自身コーディングをして物を動かすのが初めての経験だったので、自分達の書いたコーディングにより、すべての処理が上手く進んだときにはとても達成感がありました。

      Q. J.DRIVEプログラムでの学びを教えてください。 

      仮配属前は、英語やプログラミング、概要設計などについて学び、コンチネンタル・ジャパンのエンジニアとしての基礎を身に付けました。それらは基本的にチームで進めていきますので、同時にチームワークを学ぶこともできました。仮配属後はより実際のビジネスの現場で自分の興味のある部署についての理解を深められます。私は、就職活動中に部署ベースでしかやりたい事が考えられていませんでしたが、部署についてのレクチャーや仮配属の機会を通して、各開発プロセスの仕事の役割を見られるようになった事、考えられるようになったことが一番貴重な学びであると考えています。J.DRIVE プログラム中の仮配属という機会を存分に生かして情報収集していきたいと思います。

      Q. 学生の方へメッセージをお願いします。 

      皆さんが関心を持っている企業は、外から見た印象で判断するのではなく、インターンシップや企業説明会等を通して、内部のことを理解できるような機会を持つことをおすすめします。コンチネンタル・ジャパンのインターンでは、現役のエンジニアの方に質問をする機会が毎回セッティングされているので、ぜひご活用下さい。

      就職活動毎日大変だと思いますが、近い将来後悔してしまわぬように迷っている業界や企業には挑戦してみて下さい!

      <一日のスケジュール> 

      時間予定
      ~10:00 

      出社/予定確認

      10:00~11:00

      チームミーティング

      -(所属しているチームの各プロジェクトの状況を聞き、質問があれば積極的に質問します)

      11:00~12:00

      個人タスク

      - (いくつか与えられているタスクがあるので、時間を決めて取り組みます)

      12:00~
      ランチタイム

      13:00~14:00

      個人タスク

      14:00~15:00

      部署R&Dでのトレーニング

      -  (油圧制御ブレーキ事業部のR&Dとして、週に3回トレーニングがあります。事業部内でも、他チームの具体的な業務内容は知るチャンスが少なくなるのでとても貴重な時間です)

      15:00~ 


      残りのタスク・次の日の予定の確認

      - 現在は出勤できる週が限られているので、振られているタスクに対していつやるべきかを考えながら取り組んでいます。

      18:00~19:00

      退社 

      * このインタビュー記事は2021年1月現在の内容です

      クッキー ポリシー

      当ウェブサイトを快適にご利用いただくため、クッキーを使用します。すべてのクッキーを許可するには [すべて許可] を、個別に決定するには [クッキー設定を変更] をクリックしてください。

      注: パフォーマンスクッキーの使用に同意すると、使用時に個人情報が安全でない第三国 (米国など) へ送信されることに同意したこととなります。これらの安全でない第三国は、EU基準に匹敵するレベルのデータ保護を提供していません。GoogleやMouseflowなどの特定のサードパーティ プロバイダーの場合、この不足を補うような他の保証は提供されていません。したがって、利用者のための効果的な法的保護手段がないまま、政府機関が送信を通じて個人情報にアクセスするリスクがあります。

      パフォーマンスクッキーおよび第三国への転送に関する詳細は、データ保護宣言に記載されています


      [すべて同意する] ボタンをクリックすると、これに明示的に同意したこととなります。クッキーの設定を変更することで同意はいつでも取り消すことができます。取り消し以前にサードパーティプロバイダーによってすでに収集されたデータについては、後続処理を除外することはできません。

      クッキーは、デバイスに保存される小さいデータ ファイルです。クッキーは、基本機能や便利な機能の提供、ウェブサイトのパフォーマンスの測定、ウェブサイト上でのユーザーの行動の分析に用いられます。

      必須のクッキーは、ウェブサイトを正しく動作させ、クッキーに関するユーザーの同意を保存するために不可欠なので、常に有効です。機能クッキーとパフォーマンス クッキーは任意です。任意のクッキーはすべてデフォルトで無効になっています。

      クッキー設定は、当社のクッキー ポリシーにアクセスするか、ブラウザーのキャッシュをクリアすることにより、いつでも変更できます。

      詳細を表示 詳細を非表示
      戻る
      必須のクッキー 必須

      これらのクッキーは、ウェブサイトの基本機能を提供し、信頼性の高い一貫した配信を保証するために必要です。

      機能クッキー

      これらのクッキーは、特定の便利な機能を提供するために使用されます。

      パフォーマンス クッキー

      これらのクッキーは、ウェブサイトのパフォーマンスを測定し、ユーザーの行動を分析するために使用されます。