提案
    直接進む
      ニュース
      2018年1月12日

      コンチネンタル、エリクソン、日産自動車、NTTドコモ、OKI、クアルコムが、 日本初のセルラーV2X共同トライアルを実施

      コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパン株式会社(以下、コンチネンタル)、エリクソン、日産自動車株式会社(以下、日産)、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、沖電気工業株式会社(以下、OKI)、Qualcomm Technologies, Inc.(以下、クアルコム)は、日本初となるセルラーV2X※1の実証実験を2018年から開始します。

       

      本実証実験では、国際標準化団体である3GPP(3rd Generation Partnership Project)においてRelease 14として規定された直接通信技術※2を用い、車両とあらゆるものをつなぐ高信頼・低遅延の通信技術であるセルラーV2Xの評価を行います。セルラーV2Xは、ミリ波レーダーやレーザースキャナー(LIDAR)、カメラシステムなどの車両に搭載されたセンサー技術の補完として、見通し外となる環境においても、より広い通信範囲やクラウド通信の利用といった特長により、車両の通信能力を向上させることが期待されています。本実証実験により、5GHz帯を用いたセルラーV2Xの直接通信技術の通信距離、信頼性、低遅延特性を評価するとともに、LTE-Advanced(LTE-A)ネットワークと通信を相互補完する効果を確認します。

      また、得られた知見を用いてエコシステムの構築や関連する企業・団体への働きかけを行うとともに、3GPPにおける標準化活動を通じて第5世代通信方式(5G)をはじめとするセルラー通信技術を用いた新たなグローバルスタンダードの構築にも貢献していきます。

      本実証実験は、2018年中の実施に向けて準備を進めています。車車間の通信(V2V: Vehicle to Vehicle)、車両と交通インフラの通信(V2I: Vehicle to Infrastructure)、車両と歩行者の通信(V2P:Vehicle to Pedestrian)にはセルラーV2Xの直接通信技術を用い、車両とネットワークの間の通信(V2N: Vehicle to Network)にはLTE-Aネットワークを用いて実験を行うことを検討しています。

      コンチネンタルは、クアルコムのC-V2Xチップセットを搭載したQualcomm®※3 C-V2X Reference Designを用いて、実証実験用のコネクテッドカーシステムを日産車両に構築します。日産は、セルラーV2X技術を評価するための指標を含むテストシナリオの構築とV2Xのユースケースの選定を行います。OKIは、これまでのITS※4関連インフラ導入実績を踏まえ、V2Iによる各種アプリケーションの適用可能性を検証します。使用するRSU※5は、Qualcomm® C-V2X Reference Designを用いて構成します。エリクソンは、直接通信技術とLTE-Aのネットワーク技術を融合したV2Nユースケースを検討します。ドコモは、LTE-AネットワークとV2Nアプリケーションを提供し、通信を用いた様々な車両安全のユースケースの実現に向けた、直接通信とネットワークとの間で、通信を相互補完する関係を実証していきます。

      ※1 セルラーV2X(Vehicle to Everything): 3GPPで規定された車両とあらゆるものをつなぐ通信技術
      ※2 基地局を介さない端末間の直接通信で、車車間通信などの高速移動環境に特化して検討され、2017年3月に仕様が策定された技術
      ※3  QualcommはQualcomm Incorporated.の登録商標です。
      ※4 ITS(Intelligent Transport Systems):高度道路交通システム
      ※5 RSU(Road Side Unit):道路上に設置され、車両等と直接通信を行う無線装置(路側機)

      利用可能なドキュメント

      クッキー ポリシー

      当ウェブサイトを快適にご利用いただくため、クッキーを使用します。すべてのクッキーを許可するには [すべて許可] を、個別に決定するには [クッキー設定を変更] をクリックしてください。

      注: パフォーマンスクッキーの使用に同意すると、使用時に個人情報が安全でない第三国 (米国など) へ送信されることに同意したこととなります。これらの安全でない第三国は、EU基準に匹敵するレベルのデータ保護を提供していません。GoogleやMouseflowなどの特定のサードパーティ プロバイダーの場合、この不足を補うような他の保証は提供されていません。したがって、利用者のための効果的な法的保護手段がないまま、政府機関が送信を通じて個人情報にアクセスするリスクがあります。

      パフォーマンスクッキーおよび第三国への転送に関する詳細は、データ保護宣言に記載されています


      [すべて同意する] ボタンをクリックすると、これに明示的に同意したこととなります。クッキーの設定を変更することで同意はいつでも取り消すことができます。取り消し以前にサードパーティプロバイダーによってすでに収集されたデータについては、後続処理を除外することはできません。

      クッキーは、デバイスに保存される小さいデータ ファイルです。クッキーは、基本機能や便利な機能の提供、ウェブサイトのパフォーマンスの測定、ウェブサイト上でのユーザーの行動の分析に用いられます。

      必須のクッキーは、ウェブサイトを正しく動作させ、クッキーに関するユーザーの同意を保存するために不可欠なので、常に有効です。機能クッキーとパフォーマンス クッキーは任意です。任意のクッキーはすべてデフォルトで無効になっています。

      クッキー設定は、当社のクッキー ポリシーにアクセスするか、ブラウザーのキャッシュをクリアすることにより、いつでも変更できます。

      詳細を表示 詳細を非表示
      戻る
      必須のクッキー 必須

      これらのクッキーは、ウェブサイトの基本機能を提供し、信頼性の高い一貫した配信を保証するために必要です。

      機能クッキー

      これらのクッキーは、特定の便利な機能を提供するために使用されます。

      パフォーマンス クッキー

      これらのクッキーは、ウェブサイトのパフォーマンスを測定し、ユーザーの行動を分析するために使用されます。