提案
    直接進む
      ニュース

      フォルクスワーゲンの新電動車「ID.」にコンチネンタル製新型高性能コンピューター「ICAS1」が採用へ

      • コンチネンタルの新しい車載コンピューター:高性能電動車フォルクスワーゲン「ID.」に向けた電子サービスアーキテクチャー変革のためのコア技術
      • 新型高性能サーバーはモジュラー・エレクトリック・ドライブ・マトリックス(MEB)をベースとしたID.モデルに車載アプリケーションサーバー(ICAS1)として使用される
      • 高度なコンピューティング能力およびハードウェアとソフトウェアの分離により、新機能開発導入だけでなくOTA技術による即時アップデートが実現可能に

       2019年11月12日ドイツ・レーゲンスブルク/ヴォルフスブルク発

      世界の車載電子アーキテクチャは今重要な変革期を迎えています。現在車両に多数搭載されている独立した制御ユニットモジュールは、今後いくつかの高性能コンピューターに集約され、将来的にはこの高性能コンピューターが車両の制御機能全体を制御することとなります。

      この度コンチネンタルが開発した高性能コンピューター:新車載アプリケーションサーバー「ICAS1」(アイキャスワン)が、フォルクスワーゲン社の新しいモデル向けに量産が開始されることとなりました。欧州最大の自動車メーカー、フォルクスワーゲン社は、自社が開発したモジュラー・エレクトリック・ドライブ・マトリックス(MEB)をベースにした次世代電気自動車「ID.」にこのICAS1技術を採用します。

      この革新的なICAS1のコンセプトには多くのメリットがあります。たとえば、新機能や安全に関する最新情報を無線接続で車両にインストールする機能など、多岐にわたる車両接続機能が提供されます。このサーバーは、コンチネンタルの長年にわたるゲートウェイ制御ユニットの開発経験を基礎としており、現在その機能は極めて包括的なICAS1にも組み込まれています。サーバーの概念的枠組みは、コンチネンタルがエレクトロビット(Elektrobit)と共同で開発した高性能コンピュータープラットフォームです。

      「ICAS1がフォルクスワーゲンですでに量産段階に入っていることは、大きな成果と言えます。これは、今後の高性能電子アーキテクチャ開発における新たな時代の幕開けを意味するだけでなく、私たちがICAS1によってデジタル転換へのマイルストーンを達成できたことに大きな意義があります」と、コンチネンタルの取締役でインテリア部門の責任者を務めるヘルムート・マッチは述べます。「新しいサーバーアーキテクチャの優れた性能により車両機能は今後さらにシンプルかつ迅速に最新の状態にアップデートできます。当社はこのように車両の高機能化と快適性の向上に寄与しながら、同時に今後クルマがIoE(Internet of Everything)の一部となってゆくことに資しているのです。」

      完全な電気自動車、完全なコネクテッドカーを実現する高性能コンピューター

      フォルクスワーゲンのEV化戦略に向けた「サーバーアーキテクチャ」への転換は理に適っているといえます。電気自動車はとりわけ、サーバーアーキテクチャがもたらすクルマの完全デジタル化によって多くの恩恵を受けるからです。これには、航続距離を最適化するルート計画や充電スタンドの位置探索といった機能も含まれます。同時にサーバーアーキテクチャは、モバイルサービスやデータなどデジタル世界へのシームレスな接続をもたらします。「ICAS1は、従来のゲートウェイ機能に加え、車体制御ドメインの機能も総合的にカバーします。また、OTAによる無線アップデートだけでなくバッテリーの充電管理の制御もおこないます」。こう説明するのは、コンチネンタルのボディー&セキュリティおよびインフォテインメント&コネクティビティの両事業部長を務めるヨハン・ヒーブルです。ID.のモデルにもよりますが、将来的には2、3台のサーバーが車両全体にコンピューティング能力を提供するようになります。コンチネンタルは開発当初から、電気自動車の長寿命化に対応するようICAS1を設計してきました。

      従来の車両システムと比べてはるかに強力なコンピューティング能力に加え、ICAS1はさらに、Adaptive AUTOSARを基にエレクトロビット社が開発した基本ソフトウェアを介してハードウェアとソフトウェアの一貫した分離を実現しています。これにより、フォルクスワーゲンのアプリケーションとサードパーティーのソフトウェアの統合やアップデートがいずれも可能になります。さらにこのミドルウェアは、Gigabit Automotive Ethernet経由の接続もサポートしてアプリケーションに必要なデータスループットを提供します。

      利用可能なドキュメント

      クッキー ポリシー

      当ウェブサイトを快適にご利用いただくため、クッキーを使用します。すべてのクッキーを許可するには [すべて許可] を、個別に決定するには [クッキー設定を変更] をクリックしてください。

      注: パフォーマンスクッキーの使用に同意すると、使用時に個人情報が安全でない第三国 (米国など) へ送信されることに同意したこととなります。これらの安全でない第三国は、EU基準に匹敵するレベルのデータ保護を提供していません。GoogleやMouseflowなどの特定のサードパーティ プロバイダーの場合、この不足を補うような他の保証は提供されていません。したがって、利用者のための効果的な法的保護手段がないまま、政府機関が送信を通じて個人情報にアクセスするリスクがあります。

      パフォーマンスクッキーおよび第三国への転送に関する詳細は、データ保護宣言に記載されています


      [すべて同意する] ボタンをクリックすると、これに明示的に同意したこととなります。クッキーの設定を変更することで同意はいつでも取り消すことができます。取り消し以前にサードパーティプロバイダーによってすでに収集されたデータについては、後続処理を除外することはできません。

      クッキーは、デバイスに保存される小さいデータ ファイルです。クッキーは、基本機能や便利な機能の提供、ウェブサイトのパフォーマンスの測定、ウェブサイト上でのユーザーの行動の分析に用いられます。

      必須のクッキーは、ウェブサイトを正しく動作させ、クッキーに関するユーザーの同意を保存するために不可欠なので、常に有効です。機能クッキーとパフォーマンス クッキーは任意です。任意のクッキーはすべてデフォルトで無効になっています。

      クッキー設定は、当社のクッキー ポリシーにアクセスするか、ブラウザーのキャッシュをクリアすることにより、いつでも変更できます。

      詳細を表示 詳細を非表示
      戻る
      必須のクッキー 必須

      これらのクッキーは、ウェブサイトの基本機能を提供し、信頼性の高い一貫した配信を保証するために必要です。

      機能クッキー

      これらのクッキーは、特定の便利な機能を提供するために使用されます。

      パフォーマンス クッキー

      これらのクッキーは、ウェブサイトのパフォーマンスを測定し、ユーザーの行動を分析するために使用されます。