提案
    直接進む

      I・TOP横浜 「インテリジェント・インターセクション」交通流観測の実証実験をみなとみらい21地区にて開始します

      横浜市は「I▫TOP横浜」を通じた実証実験支援を行うことで、IoTやAIなどの先端技術を活用した生産性向上や社会課題の解決への貢献、新たなビジネスモデルの創出に取り組んでいます。

      このたび、「I▫TOP横浜」の取組として、コンチネンタル・オートモーティブ株式会社が、交差点内に交通流観測用センサー(レーダー・カメラ)を設置し、そこで得られたデータを解析する「インテリジェント・インターセクション」の実証実験をみなとみらい21地区で行います。

      将来的に、解析されたデータに基づき、センサーと連動した光・音声デバイス等を通じて歩行者や車両に危険を知らせることができれば、歩行者や車両の安全性が高まり、市内の交差点部における交通事故を減少させることが期待できます。

      1.実証実験の概要

      内容: 交通流観測用センサー(レーダー・カメラ)を設置し、解析したデータを交差点部の歩行者や車両の安全性向上に活用することを目的とした実証実験

      実施場所:さくら通り西交差点
      ­­*さくら通り歩道橋に「交通流観測用センサー」を設置します。

      実施期間:令和4年7月20日(水曜日)~12月15日(木曜日)(予定)

      2.インテリジェント・インターセクションについて

      • 過半数が交差点や交差点周辺で発生している交通事故の削減につながるソリューションです。
      • 交差点内に交通流観測用センサー(レーダー・カメラ)を設置し、そこで得られたデータを解析し、光・音声デバイスなどを通じて、歩行者や車両に危険を知らせることを目指しています。
      • インテリジェント・インターセクションは事故のない交通社会、ビジョン・ゼロの実現に向けた、コンチネンタルが提案する協調システムの一例です。

      3.設置場所(さくら通り西交差点)について

      ※ 本件は、横浜市と同時発表しています。

      [参考] I▫TOP横浜について

      利用可能なドキュメント

      クッキー ポリシー

      当ウェブサイトを快適にご利用いただくため、クッキーを使用します。すべてのクッキーを許可するには [すべて許可] を、個別に決定するには [クッキー設定を変更] をクリックしてください。

      注: パフォーマンスクッキーの使用に同意すると、使用時に個人情報が安全でない第三国 (米国など) へ送信されることに同意したこととなります。これらの安全でない第三国は、EU基準に匹敵するレベルのデータ保護を提供していません。GoogleやMouseflowなどの特定のサードパーティ プロバイダーの場合、この不足を補うような他の保証は提供されていません。したがって、利用者のための効果的な法的保護手段がないまま、政府機関が送信を通じて個人情報にアクセスするリスクがあります。

      パフォーマンスクッキーおよび第三国への転送に関する詳細は、データ保護宣言に記載されています


      [すべて同意する] ボタンをクリックすると、これに明示的に同意したこととなります。クッキーの設定を変更することで同意はいつでも取り消すことができます。取り消し以前にサードパーティプロバイダーによってすでに収集されたデータについては、後続処理を除外することはできません。

      クッキーは、デバイスに保存される小さいデータ ファイルです。クッキーは、基本機能や便利な機能の提供、ウェブサイトのパフォーマンスの測定、ウェブサイト上でのユーザーの行動の分析に用いられます。

      必須のクッキーは、ウェブサイトを正しく動作させ、クッキーに関するユーザーの同意を保存するために不可欠なので、常に有効です。機能クッキーとパフォーマンス クッキーは任意です。任意のクッキーはすべてデフォルトで無効になっています。

      クッキー設定は、当社のクッキー ポリシーにアクセスするか、ブラウザーのキャッシュをクリアすることにより、いつでも変更できます。

      詳細を表示 詳細を非表示
      戻る
      必須のクッキー 必須

      これらのクッキーは、ウェブサイトの基本機能を提供し、信頼性の高い一貫した配信を保証するために必要です。

      機能クッキー

      これらのクッキーは、特定の便利な機能を提供するために使用されます。

      パフォーマンス クッキー

      これらのクッキーは、ウェブサイトのパフォーマンスを測定し、ユーザーの行動を分析するために使用されます。