RoboDogs

無人運転車と宅配ロボットを組み合わせることで、どこへでも荷物を配送することができます。

© Continental AG

コンチネンタルのビジョン: 自律走行シャトルと宅配ロボットを組み合わせたシームレスなモビリティ

  • コンチネンタルはCES 2019で宅配ロボットと無人運転車を利用した商品配送のシームレスなアプローチを実演
  • この包括的な配送コンセプトにより商品・荷物の配送バリューチェーンにおける可用性、効率性、安全性が高まる
  • 世界的なeコマースの増加や都市化により自動配送への需要増加が見込まれる

テクノロジーカンパニー コンチネンタルは、日々新たなユースケースや技術を開拓して、車の自律走行技術の可能性を着実に押し広げています。ラスベガスで1月8日から11日まで開催されるCES 2019でコンチネンタルは、無人運転車を利用して宅配ロボットを運用、展開し、顧客が直接荷物を受け取れない場合でも戸口まで荷物を届ける方法を実演します。

CUbE (Continental Urban Mobility Experience)などの無人運転車と宅配ロボットをシームレスに統合することで、これまで以上に効果的かつ効率的な商品流通が実現します。コンチネンタルの自律走行および電動化の開発プラットフォームであるCUbEは、一般的に都市における「ファーストマイルまたはラストマイル」モビリティを対象にしたソリューションとみなされています。ロボタクシーやポッドと称されることも多いこのタイプの車両は、シームレスなモビリティバリューチェーンの一端を担うことになると考えられます。これらの車両の用途を商品配送にも広げることで、利用可能な輸送能力を最大限に活かし、車両の空き時間を減らすことができます。市場予測によると、人口密集地域では今後商品配送の需要が、増加の一途をたどる人間の輸送需要すら上回るとされています。コンチネンタルは、センサー類、環境認識、モデリング、位置推定、位置決め、状況分析、意思決定、メカトロニクスのアクチュエーターといったスケーラブルなテクノロジーおよびソリューションの専門知識を駆使して、これらの需要に応えるソリューションとノウハウを提供します。

「ロボット宅配によって、シームレスなモビリティの実現を目指すコンチネンタルのビジョンは人々の手元まで届くことになります。カスケード方式のロボット宅配という私たちのビジョンは、宅配ロボットの輸送に無人運転車を利用することで、効率的な輸送チームを結成します。」コンチネンタルのシャシー&セーフティ部門 システム&テクノロジー部長のラルフ・ラウクスマンはこう語ります。「無人運転車も宅配ロボットも電動で自律的に動作し、原理的にはいずれも同一のスケーラブルな技術ポートフォリオを基盤にすることができます。類似のソリューションを異なるプラットフォームで使用することで、これらの相乗効果が包括的な配送コンセプトに新たなポテンシャルを生みだします。この技術基盤をもとに、バリューチェーン全体がこの分野で発展することが十分期待されます。」

都市におけるモビリティの課題を無人運転車がスマートソリューションでおこたえします。 © Continental AG

自動運転がもたらす相乗効果を都市部での配送に利用

住宅地への商品や荷物の配送は、年々増大するeコマース販売にけん引され、成長を続けるダイナミックな市場です。このセグメントの成長に伴い、1時間あたりの配送コストが重要性を増しています。このため、ラストマイルおよび配送サービスが差別化の鍵となります。企業から顧客に向けた配送全体の最大8割で、商品の自動配送が有効なソリューションになりえると複数の調査機関が予想しています。

コンチネンタルは商品の自動配送を、従来の商品配送を補完するものとして未来都市のモビリティに欠かせないものと考えます。CUbEが一台または複数の宅配ロボットを目的地に輸送、展開して、宅配ロボットが商品および荷物の配送物流チェーンにおける最終段階を担います。「商品の自動配送を産業化するには、信頼性が高く強固で、高性能かつコストが最適化されたテクノロジーが必要です。これらはすべて、自動車の自動化で求められる要件と同じです。コンチネンタルが先進運転支援システムや自動運転の分野で業界屈指のサプライヤーに成長できたのは、まさにこういった専門性のおかげです。」と、ラウクスマンは述べています。

既存の宅配ロボットを開発プラットフォームとして利用することで、コンチネンタルはロボットメーカーの要件に合わせて自動車の技術を移転および拡大する準備を整えています。「宅配ロボットが直面する問題は、私たちが自動運転車ですでに解決している問題と同じものです。」コンチネンタルのシステム&テクノロジー部門 北米地区ディレクターのジェレミー・マクレーンはこう述べています。「加えて、宅配ロボットには私たちの自動車が提供するソリューションと同じ水準の先進技術と堅牢さが要求されます。」増加の一途をたどるオンラインショッピングやメガシティの拡大により、今後も荷物の配送に固有のソリューションが求められるでしょう。無人運転車と宅配ロボットのコンビが、その答えかもしれません。

無人運転車と宅配ロボットを組み合わせることで、どこへでも荷物を配送することができます。 © Continental AG

スマートシティを実現するシームレスなモビリティ

無人運転車は将来のスマートシティにおいて非常に重要な役割を担います。多くの専門家は、無人運転車が未来のモビリティコンセプトの鍵となり、都市化の課題を解決するものと見ています。無人運転車は、ほぼ24時間365日使用することができます。革新的な都市プランナーは、無人運転車が公共交通に加わることで利便性が増し、人々が最寄りの駅やバス停まで行くのに個人で車を所有する必要がなくなると考えています。

「無人運転車の需要のピークは日中に数回訪れるでしょう。ラッシュアワーなどのピーク時以外でも無人運転車を最大限に活用するために、ロボット宅配はうってつけです。」マクレーン氏は続けます。「無人運転車の付加的なユースケースとして、私たちの自動車技術がロボットメーカーによる自律型宅配ロボットの開発に貢献できる可能性は大いにあります。」

荷物の配送は、多くの人が会社や学校、その他の用事で忙しい日中に行われることが多いため、このように宅配ロボットと組み合わせてロボタクシーのオフピーク時間帯を配送に当てるのは、最適な利用法かもしれません。

ラスベガスで開催されるCES 2019の期間中、コンチネンタルのブースでは(ノースホール、ブース7519)、住宅地を模したエリアを設置して自律走行シャトルと宅配ロボットを組み合わせたこのユースケースを実演します。

お問い合わせ

コミュニケーション本部 コンチネンタル・オートモーティブ株式会社 〒221-0031 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-32 ニューステージ横浜 電子メール: