提案
    直接進む
      ニュース
      2020年10月30日

      コンチネンタルCEO、辞任を決定:健康上の理由による

      • エルマー・デゲンハート取締役会会長、2020年11月30日付け辞任を取締役会に本人より通知:「健康上の緊急治療

      • 監査役会会長のヴォルフガング・ライツェルは、デゲンハート氏の「卓越した模範的な業績と優れた実績」を称賛後継者の指名のため

      • 監査役会が緊急召集される

      こちらは現地時間2020年10月29日にドイツ・ハノーバーで発行されたプレスリリースの抄訳です。英文の原文との間で解釈に相違が生じた際には原文が優先します。

      ハノーバー発: このたびコンチネンタル社(Continental AG)の取締役会会長であるエルマー・デゲンハート氏/Dr.ElmarDegenhart(61)は、11年以上にわたりコンチネンタルのトップとして在職した後、本人の健康上必要な予防医療のため2020年11月30日をもって辞任する意向を監査役会に通知しました。同氏は同社監査役会に、2024年8月11日まで有効であった監査役会の取締役と契約の早期終了の受け入れを要請しました。これを受け、監査役会会長のウォルフガング・ライツェル氏は、本件に関しまもなく監査役会を招集して後継者を決定することを発表しました。 

      デゲンハート氏は、この度の辞任の理由を次のように説明しています。「これまで私はコンチネンタルのために多くの努力を費やしてきましたが、昨今、自身の健康のための医療予防措置を直ちに最優先せざるを得ないことを知りました。これまで私はコンチネンタルの今後の組織再編成、収益性の高い成長戦略とその実現にプログラムに心血を注いでまいりました。そして、この戦略が与えてくれるコンチネンタルのこれからの大きな成果と成功を心から楽しみにしていました。とりわけ厳しい環境下において、経営上最も難しいいくつかの案件の決定を下し、コンチネンタルの未来を決める重要な企業戦略を整えたばかりだからです。しかしながら、このたび私個人の健康上の状況を考慮したうえで、治療に専念することにいたしました。」

      工学博士でもあるデゲンハート氏は、2009年8月12日から同社の取締役会を務めており、現在3期目となります。コンチネンタルの組織グループコミュニケーション、コンチネンタルグループ企業戦略、総合製品サービス品質管理、およびスタートアッププログラムを直接担当しています。

      デゲンハート氏はまた、コンチネンタルのこれまでの大きな成長の軌跡を振り返り、次のように述べています。「コンチネンタルの経営の陣頭指揮を執り、その再生戦略と現在に至る収益性の高い成長をリードできたことは、私個人にとって大きな喜びと名誉です。就任以来11年にわたりお客様から寄せていただいた大きな信頼、株主、監査役会、取締役会の仲間、私の直下のチーム、グローバルコンチネンタルチームからの多大なご支援に心から感謝するとともに、コンチネンタル全社員の、成功に向けた真摯なコミットメント、素晴らしい数々の業績に感謝いたします。コンチネンタルは、これからもその独自の企業価値とネットワークカルチャーをもとに、新しい企業戦略によって将来大きな成功と成長にまい進することができると確信しています。」

      監査役会メンバーを代表して、監査役会長ヴォルフガング・ライツェルは、デゲンハート氏個人と氏の長期にわたる輝かしい業績と卓越したパフォーマンスに対し「模範的なリーダーシップ、優れた実績」と称賛しています。「私たちは皆、このたびのデゲンハート氏の辞任の決断を心から残念に思います。しかしながら、今回の辞任決断となった経緯と背景を十分理解したうえで、彼の個人的な要望を尊重したいと思います。2009年8月にコンチネンタルのCEOに就任以来、デゲンハート氏とマネジメントチームは、当時危機的な環境にあった会社を強い指導力のもと成長軌道へと導き、再上場およびDAX30指定銘柄と今日の業界全体でのトップへと復活させました。彼の優れたリーダーシップの下で、コンチネンタルが当時有していた負債は通常レベルまで大幅に削減され、同時に自己資本は強化され、以前の高い投資適格格付けは完全に回復したのです。」

      ライツェルはまたこのように述べています。「リーダーとして、そして人として、デゲンハート氏自身は、彼が常に唱えていた“価値を作ること、それ自体がまた新しい価値を生み出す”というリーダーシップ原則の規範と言えるでしょう。彼の成し遂げた輝かしい実績は、多くのステークホルダーからの称賛に十分に値するものです。デゲンハート氏が創った、体系立てられた高度に洗練された組織と、そこに永続的な命を与える企業文化を強化しつづけたことにより、コンチネンタルはさらなる収益性の高い成長と実現性の高い重要な組織基盤を築きあげたのです。」

      監査役会会長は、今後のデゲンハート氏の後継者指名について、次のようにコメントしています。「CEO後継者指名にあたって監査役会が最も重視することは、これまでの取り組みを継続し、コンチネンタルが今後タイヤメーカーと自動車サプライヤーから、引き続き先駆的なテクノロジーとソフトウェアモビリティ企業へとトランスフォーメーションするためのシームレスなプロセスを実行継続するという点にあります。」

      利用可能なドキュメント

      クッキー ポリシー

      当ウェブサイトを快適にご利用いただくため、クッキーを使用します。すべてのクッキーを許可するには [すべて許可] を、個別に決定するには [クッキー設定を変更] をクリックしてください。

      注: パフォーマンスクッキーの使用に同意すると、使用時に個人情報が安全でない第三国 (米国など) へ送信されることに同意したこととなります。これらの安全でない第三国は、EU基準に匹敵するレベルのデータ保護を提供していません。GoogleやMouseflowなどの特定のサードパーティ プロバイダーの場合、この不足を補うような他の保証は提供されていません。したがって、利用者のための効果的な法的保護手段がないまま、政府機関が送信を通じて個人情報にアクセスするリスクがあります。

      パフォーマンスクッキーおよび第三国への転送に関する詳細は、データ保護宣言に記載されています


      [すべて同意する] ボタンをクリックすると、これに明示的に同意したこととなります。クッキーの設定を変更することで同意はいつでも取り消すことができます。取り消し以前にサードパーティプロバイダーによってすでに収集されたデータについては、後続処理を除外することはできません。

      クッキーは、デバイスに保存される小さいデータ ファイルです。クッキーは、基本機能や便利な機能の提供、ウェブサイトのパフォーマンスの測定、ウェブサイト上でのユーザーの行動の分析に用いられます。

      必須のクッキーは、ウェブサイトを正しく動作させ、クッキーに関するユーザーの同意を保存するために不可欠なので、常に有効です。機能クッキーとパフォーマンス クッキーは任意です。任意のクッキーはすべてデフォルトで無効になっています。

      クッキー設定は、当社のクッキー ポリシーにアクセスするか、ブラウザーのキャッシュをクリアすることにより、いつでも変更できます。必須のクッキーはユーザーの訪問から 30 日後に自動的に消去されます。

      詳細を表示 詳細を非表示
      戻る
      必須のクッキー 必須

      これらのクッキーは、ウェブサイトの基本機能を提供し、信頼性の高い一貫した配信を保証するために必要です。

      機能クッキー

      これらのクッキーは、特定の便利な機能を提供するために使用されます。

      パフォーマンス クッキー

      これらのクッキーは、ウェブサイトのパフォーマンスを測定し、ユーザーの行動を分析するために使用されます。