提案
    直接進む
      ニュース
      2018年11月2日

      最新世代のカメラは車載コンピューターにより大きな「目」を与える

      • モジュラー式、スケーラブルで連結可能なMFC500カメラがすべてのカメラタスクを実行、あらゆる車両アーキテクテャに対応
      • ハードウェア・ソフトウェアともに、自動運転ニューラルネットワークで簡単な物体検知から、複雑なシナリオの即時分析までのすべてに対応
      • 最新カメラ世代は8メガピクセルまでの解像度と画角125度幅広いアプリケーション対応の可能性を提示

      カメラは、最新の運転者支援システムの実現において重要な役割を果たすとともに、自動運転で使用される多様なセンサーのなかでも不可欠な要素となっています。カメラ開発の発展が、安全で快適な無事故運転の実現の重要な前提条件を設定します。テクノロジーカンパニーは、車の「注意深く見守る目」に対し増え続ける要求を満たすため、最新世代の多機能カメラMFC500を設計しました。この新世代のカメラは、素晴らしい暗視性能と高い画像解像度(1から8メガピクセル)という優れた機能を備え、画角も125度まで向上し、横切る物体をさらに早期に検知することができます。

      シャシー&セーフティー部門ADAS事業部長のカール・ハウプト(Karl Haupt)は、本製品の利点について次のように説明します。「MFC500の最大の特性はそのモジュラー方式、スケーラビリティ、そして接続性です。モジュラーキットにはインテリジェントなMFC500カメラのほか、サテライトカメラ、そしてアシステッド・自動運転向けの制御ユニットADCU(Assisted & Automated Driving Control Unit)を含み、それらすべてをお客様要件に合わせ統合することが可能です。」

      環境認識ならびに運転機能はオプションとしてカメラに統合することも可能ですが、別の制御ユニット(ADCU)に含めることも可能です。最大限の柔軟性、モジュラーデザインが最大限の柔軟性を提供し、両オプションをサポートします。スケーラブルなソフトウェアは、車両内の様々な条件、たとえばインフラや演算能力に最適に適合します。

      高性能で360度の環境検知

      前向きのカメラや、広角レンズをもつサラウンドビューカメラ、サイドミラーに置き換わる専用カメラ、そしてリアビューカメラに至るまで、車内での利用法の数や種類を見ると、カメラの重要性の高まりがわかります。「マルチカメラシステムや360度環境認識の使用は、自動運転の実現に欠かせません。モジュラーシステムコンポーネントを、運転アシストや自動運転、サラウンドビューに利用します。」このように述べるのは、ADAS事業部でカメラ製品プログラムマネジメントの責任者サーシャ・セムラー(Dr. Sascha Semmler)です。

      コンピュータビジョンとニューラルネットワーク

      駐車時の単純な物体検知から、サラウンドビューカメラの画像処理、道路交通における複雑な状況の制御に至るまで、環境検知条件の多様性も増え続ける一方です。ADAS事業部でセンソリックス開発を統括するトーマス・ブローム(Dr. Thomas Brohm)は説明します。「シナリオを完全に理解しなくてはなりません。なぜなら、それこそが、近々に何が起こるのかを予測し、それに備えることができるようにしてくれるからです。」従来のコンピュータビジョンの方法に加え、MFC500は利用可能なハードウェアに合わせ拡大縮小できるニューラルネットワークも採用しています。ニューラルネットワークは、複雑な機能を学び、それらを処理実行することができる複数の演算装置で構成されています。

      環境との連結

      カメラを環境と連結することも可能です。「eホライズン」と「ロードデータベース」に接続することで、道路情報とランドマークがクラウドへ送信、またクラウドから受信され、車両の位置を特定し、プロアクティブな運転を可能にします。連結のもう1つの利点はソフトウェア、そして機能が常に最新のものに、無線経由で更新されることです。これにより、最新世代カメラは、将来にわたって使い続けることが可能になります。

      利用可能なドキュメント

      クッキー ポリシー

      当ウェブサイトを快適にご利用いただくため、クッキーを使用します。すべてのクッキーを許可するには [すべて許可] を、個別に決定するには [クッキー設定を変更] をクリックしてください。

      注: パフォーマンスクッキーの使用に同意すると、使用時に個人情報が安全でない第三国 (米国など) へ送信されることに同意したこととなります。これらの安全でない第三国は、EU基準に匹敵するレベルのデータ保護を提供していません。GoogleやMouseflowなどの特定のサードパーティ プロバイダーの場合、この不足を補うような他の保証は提供されていません。したがって、利用者のための効果的な法的保護手段がないまま、政府機関が送信を通じて個人情報にアクセスするリスクがあります。

      パフォーマンスクッキーおよび第三国への転送に関する詳細は、データ保護宣言に記載されています


      [すべて同意する] ボタンをクリックすると、これに明示的に同意したこととなります。クッキーの設定を変更することで同意はいつでも取り消すことができます。取り消し以前にサードパーティプロバイダーによってすでに収集されたデータについては、後続処理を除外することはできません。

      クッキーは、デバイスに保存される小さいデータ ファイルです。クッキーは、基本機能や便利な機能の提供、ウェブサイトのパフォーマンスの測定、ウェブサイト上でのユーザーの行動の分析に用いられます。

      必須のクッキーは、ウェブサイトを正しく動作させ、クッキーに関するユーザーの同意を保存するために不可欠なので、常に有効です。機能クッキーとパフォーマンス クッキーは任意です。任意のクッキーはすべてデフォルトで無効になっています。

      クッキー設定は、当社のクッキー ポリシーにアクセスするか、ブラウザーのキャッシュをクリアすることにより、いつでも変更できます。

      詳細を表示 詳細を非表示
      戻る
      必須のクッキー 必須

      これらのクッキーは、ウェブサイトの基本機能を提供し、信頼性の高い一貫した配信を保証するために必要です。

      機能クッキー

      これらのクッキーは、特定の便利な機能を提供するために使用されます。

      パフォーマンス クッキー

      これらのクッキーは、ウェブサイトのパフォーマンスを測定し、ユーザーの行動を分析するために使用されます。